建 物 雑 記 EXPO’70

太陽の塔【内部公開】撮影は可能?

投稿日:2019年4月5日 更新日:

内部公開の開催日時

この3月「太陽の塔」に入館してきました。
2018年3月から内部公開が始まってはいたのですが・・・・
内部公開後、初めての入館です。
「完全予約制の上に、予約が一杯で当分入れないよー」という噂があり、
「そのうちでいいか!」と構えてましたが、
正規に本気出したら入れるというお話し。

興味のある方は是非こちらで⇩ご予約を!

太陽の塔オフィシャルサイト

■ 入館後は好き勝手には進めずー

スタッフさんの案内・解説に沿って順路を進みます。

残念なことに「生命の木」の写真撮影が一か所に限られてます。

ですから、アングル違いの画像を撮るには、

誘導された「生命の木」の根元のフロアーで、どこまで人の目を気にせず
アクティブに撮影できるかに掛かっています!

よって、僕はこんなですよ ;


「生命の木」は僕の想像通り。 
 以上でも以下でもない。

そして、

スタッフさんから上部に向かう誘導で「階段」を上りました。       

取り外された「エスカレーター」に乗りたかった・・・

「地底の太陽」は「撮り放題」

そう!「生命の木」の前に、

復元された「地底の太陽」があります。

復元された「地底の太陽」撮り放題なのに、横にデカ過ぎて収まらない~

あぁ~悩ましい~ ;
全長11mもあるらしい!!

「地底の太陽」は、プロジェクションマッピング

禍々しい一面も感じさせてくれたりします。

それを観てた小さいお客さんが、泣き叫ぶのもムリのない怖さなのです~;

「太陽の塔」内部の赤

「太陽の塔」の内部の体内を感じます。

僕は、神社の「体内めぐり」をぼんやり意識したのでした。

赤の壁は「拡散板」だそう。 独特なフォルム~

そういえば、神社の「体内めぐり」〆(・・・)、            

クライマックスには、「梵字」的なものがありますよね。

「太陽の塔」内部の壁にも梵字のごとく 

ライティングされた文字があったのです。

芸術は呪術である。   

岡本太郎

こういう構成演出・・・

この言葉・・・実に浸れますよね。

パビリオン館に拡散板の現物パーツがありました

太陽の塔内部についての感想

呪術にかかったまま「太陽の塔」から追い出された僕。(笑

なるほど、エレベーターでした!

この日は晴天にも恵まれ、

太陽の光を燦々と浴び、ゆるく新生を感じれたかも・・・

エレベーターって、こんなポジション

この誰しもに平等な「太陽の塔」の姿を拝める幸せに、

感謝なのです・・・

感 謝 ! 

 

-建 物, 雑 記, EXPO’70
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

千里竹見台団地のカラーリングって、モダンやね!

北大阪急行「桃山台駅」のすぐ傍、 理想の駅近物件! 供給公社千里竹見台団地。 あれ? そういえば、外装塗装工事のカバーしてたなぁ・・・   なんと、調べれば、 昨年28年7月に外装をリニュー …

山茶花さざんか咲いた道♪

新千里南町の新御堂の脇、 府営新千里南町住宅駐車場前の道路って 僕は 一瞬で通過してる道なのです。   今まで気にもしていなかったんですけど、 ここの山茶花、 こんなに美しかったっけ!? & …

山椒の葉セーフ!『アゲハ蝶』無事に羽ばたく

我が家のベランダにある小さな山椒の木。 アゲハ蝶の2匹の5齢幼虫の旺盛な食欲に 少ない葉は間に合うのか!?   そんな心配をしてた矢先の7月19日! 「黒い水便」の後を残し、 2匹は忽然と姿 …

三毛ちゃん「お尋ね張り紙」消えた件

平成30年8月18日20時過ぎ帰宅途中、 安否確認情報をお願いされてる三毛ちゃんをよく見かけた 天竺川沿い中天竺橋たもとへ 僕は様子を伺いに行きました。   すると、三毛ちゃんの手書き「お尋 …

「せんちゅうフェスタ」クイズラリー賞品のお届け

更新がなかなか出来なくて御免なさい。 よって、時間に押しやられた記事が「今頃!?」って感じで、 UPされていきます。   旬は無視したくないんですけど・・・   さて、今日は、 9 …

停滞してますが、千里ニュータウンで“上気元”を探しながら暮らす日々を綴っています。出来れば皆さんのお役に立てれば嬉しいです。この町が好きでこの町をもっと知りたいと思っています。要領の悪い拙い僕ですが、宜しくお付き合い下さい。